砂漠の国の冒険!オアシスの村を目指して


サヤカちゃんたおれる

盗賊に襲われていた5歳の少年「アルフ」を助けたアピスたちは、その子が住んでいるオアシスの村へ一緒に向かう事になりました。しかし、どれだけ歩いても村は見えてこず…猛烈な暑さの砂漠がひたすら続くばかりです。

『ううっ…まるで焼けたフライパンの上を歩いてる気分だわ』

歩き疲れてすっかりヘトヘトな様子のアピスちゃん…
汗をたっぷりかいて眼鏡がずれそうになるのを何度も手で直しながら、前方にいるアルフたちを羨ましそうに見ています

『うわぁ!クツが脱げちゃった…砂漠ってサラサラしてて走りづらいや』
『砂の上を走るのはコツがいるのさ。教えるね』

小さい子同士だからかリトアとアルフはすぐに打ち解けて、二人でお喋りしながら元気いっぱいに走り回ってとっても楽しそうです。けれども、他の三人にはそんな余裕はありません…

『はぁはぁっ…あたしもうダメ……』

とうとう力尽きてドサッ!と砂の上に倒れたサヤカちゃん
暑い砂漠を長時間歩いたせいで汗びっしょりになり、熱中症にかかってしまったようです

それを見たオックスは強い日差しからサヤカを守るために自分のおんぼろマントをかぶせ、彼女の身体を優しく抱きあげました

『クソッタレ!世話のかかる妹分だぜッ…』

全員分の旅の荷物が入ったバックパックと少女一人を背負って猛々しく立ち上がったオックス
その姿にアルフ君は感動して『スゲー!!かっこいい!!』と、まるでスーパーヒーローを見るような尊敬の眼差しを向けています

オックスの英雄的行動のおかげもあり、一行は無事アルフ君の家がある「オアシスの村」へと到着するのでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)