リクヤくんとセレブな同級生ヒロム


うそつき少年しょうねんのホンネ

スピカシティに住む小学一年生のリクヤくんは遊び盛りの元気な男の子。
彼の小学校では今日、新しく配信する予定だった「新作ゲーム」の話題でごった返すはずでした……

『ちえっ…今日帰ってから遊ぶつもりだったのにさ!つまんないの!!』

朝登校するとき、楽しみにしていたゲームが不慮の事故でまさかの配信延期となり、ぶーたれながら廊下を歩いてくリクヤとコテツ。ゲームに興味ないロミちゃんはそんなご機嫌ナナメな二人を何とか元気づけようとします

『でもさ 中止にならなかっただけマシじゃない?
ソメイに住んでる子は靴がビショビショでもっと大変なんだし…町が元通りになるまで辛抱しよ?』

『あーあ!つまんなぁ~い!!』

リクヤくんがダダをこねてると、裕福なクラスメートの「蝶崎ちょうざきヒロム」がやってきました



『いいかいチミたち?このお金持ちのボクがちょっとゲーム会社の社長に頼めば、
そんなゲームぐらい簡単に手に入れられるんだゾ!』

顎をビシッと押さえ、得意げにポーズをキメるヒロムくん

スピカシティで最も強い影響力を持つ「X財団」の幹部を父に持つ彼はその強烈な七光コネを使ってリクヤくんたちが欲しがっている新作ゲームをこっそりダウンロードさせてやる事で、自らの存在と力を誇示しようとしているようでした。

『くっだらね~!ボンボンヤローのお遊びに付き合ってやる気なんざねェよ!
おいリクヤ!こんな奴ほっとこーぜ!』

『え?そ、そだね……』

リクヤくんはヒロムの態度に何か引っかかるものを感じますが、今はコテツのいう通りにする事にしました

『フッ、キミ達は必ずボクを求めるとも…必ずね!
いっひひひひひ…!』

放課後……
どうしても気になったリクヤくんは、ロミちゃんとヒロムの家にやってきました

『二人とも歓迎するよ!それで…せっかく来てくれたところ悪いんだが、じつは新作ゲームの件がね…
ゲーム会社に頼んだけど断られたんだ…すまない……』

リクヤくんとロミちゃんはお互いに顔を見合わせると、二人でいたずらっぽくクスクスッと笑いました

『ダメだってさ!どうしよっか?』
『そうねぇ!ゲームが遊べないなんて本当にガッカリよね!もー帰っちゃおうかしら?』

二人が帰るそぶりを見せるとヒロムは慌てて「本当の事」を打ち明けるのでした。
どうやら彼の言った新作ゲームについての話は真っ赤なデタラメで、単にリクヤくん達と遊びたくて思わず嘘をついたのだそうです。けれど本当の事を正直に語ったヒロムに、二人は怒るどころか満面の笑顔で『しってた!』と答えました

そう、この子たちには最初から全部お見通しだったのです

『まいったな…キミたちには敵わないや』

こうしてリクヤくんとロミちゃんはヒロムの家でゲームして遊んだり、お喋りしながらティータイムを楽しんだりしてくつろいだ後、新しくできた「友達」とまた遊ぶ約束をしてそれぞれ家へ帰っていったのでした。

–小学一年生のリクヤくん(6)のコメント–

廊下でロミちゃんと話してたらヒロムがこっちにきて、
どーベルマン教授の新作をダウンロードさせてあげるって言ってきたんだ

さいしょから、ウソついてるって知ってたけどさ……
何だか寂しそうに見えたから、学校の帰りにヒロムの家に遊びにいっちゃった。ロミちゃんもやっぱりぼくとおんなじコト考えてたらしくて一緒についてきたんだ!
ヒロムってさ、パパもママもおシゴトしてて家に帰れないコトが多くて
家でいつも一人で過ごしてるんだって。それで毎日つまんなくて、ぼくたちを家にさそったんだってさ!
お金持ちの子供にも、いろいろ悩みがあるんだねー。
ぼくはいっつもお姉ちゃんがいて、幸せだなーって思っちゃった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)